BREAKER OUT WETSUITS ブレーカーアウトウエットスーツ

2017Spring/Summer | BREAKER OUT WETSUITS ブレーカーアウトウエットスーツ

35YEARS

2017Spring/Summer | BREAKER OUT WETSUITS ブレーカーアウトウエットスーツ

ベトナム戦争やオイルショックなどによる鬱屈した気分が充満し、どことなく社会全体に閉塞感が漂っていた1970年代。しかし次の時代への扉が開くとそのムードは一変する。1980年代。あらゆるものがキラキラしはじめる時代の幕開けである。

サーフィンの世界では、コンペティションと商業主義が台頭してくる時代でもある。同時にファッションとも強く結びついた、’70年代とはまったく違うポップなカルチャーが蔓延しはじめる。黒いウェットスーツを着てどこかスピリチュアルでニューエイジ的思想観が漂っていた70年代とは、サーファーのイメージもがらりと変わる。ウェットスーツもサーフボードも、時代のムード同様にカラフルでポップになっていく。その象徴がニューポートビーチの一部のエリアで沸き起こったエコービーチ・ムーブメントだった。そんな新しい時代の空気のなか、1982年に「BREAKER OUT」は誕生する。ジャパン・メイドのウェットスーツの品質の高さをさらに押し上げ世界に知らしめるべく、’80年代半ばに「BREAKER OUT」はサーフィンの本場である南カリフォルニアのロサンゼルス・カウンティのトーランスにファクトリーを構える。そこは、サーフインダストリー発祥の地であるサウスベイの一角で、名だたるブランドが誕生したアメリカを代表するサーフシティだ。「BREAKER OUT」は当時、このサーフインダストリーのど真ん中で、日本のブランドならではの発想と技術力でウェットスーツを作っていた。全身の28ヵ所を採寸してひとりひとりの体型に合わせたテンプレートをおこし、カスタムメイドで仕上げる上質なウェットスーツ。それはまさにオートクチュール(オーダーメイドの一点もの)と呼ぶに相応しいものだった。主に保温性を追求していたその時代の海外ウェットスーツ・インダストリーに、カスタムメイドならではの“着心地”という、ウェットスーツのクオリティにおける新たな地平を開示してみせた。ウェットスーツ先進国である日本のブランドを代表して、「BREAKER OUT」はロサンゼルスのサウスベイから世界にその存在をアピールしていたのである。そうしたスタンスからブランド創設以降、「BREAKER OUT」には多くの外国人チームライダーが在籍していた。デヴィッド・バー、トッド・クライン、マイク・ランブリッジ、ヴィンス・デ・ラ・ペーニャ、ベティア・ディヴィッド、ドノヴァン・フランケンレイターらが「BREAKER OUT」のスーツを纏い、各時代ごとにサーフシーンをリードした。とくにカリフォルニアのチームライダーたちは、当時の最新デザインのカラフルなスーツに身を包みカタログにも登場。彼らはまさに、明るく陽気なカリフォルニアの’80sサーフカルチャーそのものを「BREAKER OUT」とともに体現していた。もちろん日本国内でも、創設当初から高品質なウェットスーツ・ブランドとして、数多くのプロサーファーやオーシャン・アスリートたちをサポートし、独自の立ち位置を確立してきた。そうして35年が過ぎた。「BREAKER OUT」は今年、ブランド創設35周年を迎えるにあたり、サーフィンがキラキラしていたあの時代のカリフォルニアのイメージをいま再び思い起こし、当時のデザインを復刻。これは、単に’80年代の雰囲気やイメージをファッション的にとりいれたのではなく、サーフィンが最高に輝いていた時代の空気をその場で実際に肌で感じ知っている「BREAKER OUT」だからこその、原点回帰である。同時にカリフォルニアの今を体現する新たなチームライダーも加わり、彼らとのコラボレーションによる革新的なデザインやモデル開発にも積極的にとりくんでいく。35年間培ってきた技術と経験をもとに、これまで同様これからも、「BREAKER OUT」はサーフィンやオーシャンスポーツを愛するさまざまなジェネレーションに支持してもらえる、そんなブランドであり続けたい。

Read more

Read more

COLLABORATOR | BREAKER OUT WETSUITS

Colin Whitbread
Colin Whitbread
Colin Whitbread

All photo by SARAH LEE

Colin Whitbread

アーティスト、俳優、職人、シェフと多彩な顔を持つオーシャンサイドを代表するSOCIALスタイルサーファー。自らが出演するいま最もホットな最新作ムービー『FORBIDDEN TRIM』がDVD化され活躍の場はとどまることを知らない。
Instagram : @colin_whitbread_
www.forbiddentrim.com

Chad Marshall
Chad Marshall
Chad Marshall

All photo by SARAH LEE

Chad Marshall

マリブを代表するロガーの一人。枠にはまらないスタイルは世界中の多くのファンを魅了。MOLLUSK SURF SHOPのスタッフの傍ら、双子の兄弟で彼ら独自の世界観を表現する『BROTHERS MARSHALL』ブランドも展開している。
Instagram : @brothers_marshall
www.brothersmarshall.com

中浦 章 Akira “JET” Nakaura / Photos: YOGE
中浦 章 Akira “JET” Nakaura / Photos: YOGE
中浦 章 Akira “JET” Nakaura / Photos: YOGE

All photo by SARAH LEE

中浦 章 Akira “JET” Nakaura

1984年、東京都出身。プロサーファー。東京の横乗りカルチャーを発信する「Kether Tokyo」のディレクターとしてDVDをはじめ、映像・音楽・アートなども手掛けるマルチクリエイターとしての顔をもつ。2015年3月よりBREAKER OUTと正式契約し、デザインやアイテム開発などにその才能をフルに発揮している。
Instagram : @jet_akira

真木 蔵人 Claude Maki
真木 蔵人 Claude Maki / Photos: Itakura

Photo: Itakura

真木 蔵人 Claude Maki / Photos: Itakura

Photo: Itakura

真木 蔵人 Claude Maki

1972年、東京都出身。TEAM BREAKER OUTアンバサダー。俳優。TVやCMにも数多く出演し、映像監督を務めるなど多岐に亘って活動している。2007年3月には、AKTIONの名でデビューシングル「Still Neva Enuff feat.ZEEBRA」(ポニーキャニオン)を発表。サーフィンの実力はプロ級で、96年の世界大会では日本代表として5位に入賞。

2017Spring/Summer VALUE-SERIES | BREAKER OUT WETSUITS ブレーカーアウトウエットスーツ

2016Fall/Winter | BREAKER OUT WETSUITS ブレーカーアウトウエットスーツ

ディーラー専用ページ | BREAKER OUT WETSUITS